キャッシング お金 やりくり

申し込みで重要視されるのは何?

初めてキャッシングを利用する際、住所や勤務先、年収、勤続年数などを記入した個人情報を提出します。これを元にキャッシング会社はお金の融資を決定しますので、きちんと記入して提出しなければいけません。もし、適当に記入したり、誤字・脱字があった、嘘の記載がされていた…なんてことにでもなれば、キャッシングの申し込みを断られることとなるでしょう。ちなみに、過去の借り入れなどに関する情報は、信用情報機関に問い合わせて確認しますので、ここはしっかりと正直に申告したいもの。嘘はすべてばれます。

 

最近では直接窓口で申し込むだけでなく、インターネットや無人契約機などからも申し込みができるようになってきています。多くの人が窓口で顔をさらすよりも、インターネットや無人契約機などでこっそりとやりたいといった心理が働くのか、これらを使った申し込みのほうが圧倒的に多くなっています。対面でおこなわないだけに、キャッシング会社としてはその個人情報の提示、そして確認などはますます重要なものに…。対面であればその人の服装や様子なども重要な判断素材となるのですが、それがないとなると書類にかかれた内容からしか判断することができず、そこから信用できるかどうかを厳しく計るようになるのです。

 

では、審査で重要視される項目とは、一体どんなものなのでしょうか?まず、お勤めしている会社といった申込者の素性がわかる項目や、確実性の高い項目が重要な判断材料となってきます。借り手からしてみれば、年収が特に重要な判断材料にされているのでは…なんて思われているようですが、意外とそんなに重要視していないようです。ただ、給料明細の提出があれば話は別です。それ以外では、ただ単に利用者が申告しているだけにすぎないので、融資を決めるための決め手にはあまりならない…つまりは、信憑性が低いものと言わざるをえないのです。

 

ちなみに、高額での申し込みがあった場合は、貸金業法による規制…つまり年収の3分の1しか借りられないといったことからも、給料明細の提出をお願いする事もあるのだそうです。そうなると、実際の収入がどれくらいになるのか…それも融資を決める重要な項目となります。


自動審査って何?

たまに見かけることがある自動審査。インターネットなどで申し込みをしようとすると、「自動審査で1秒回答」とか「3秒自動審査」なんて言葉を目にします。これは一体なんなのでしょうか?

 

自動審査とは、数項目の必要事項を記入するだけで、借入することが可能かどうかを即座に診断してくれるもの。その項目は、生年月日・結婚の有無・他社への借入状況・年収といった項目が基本となっているようです。それだけの情報で、借入が可能かどうかを判断してくれます。

 

自動審査というだけあって、その審査をおこなうのはコンピューター。それぞれにポイントが設定されていて、どういった答えを出すかで合計ポイントが異なってきます。審査の合格ラインを超えたら、自動的に融資可能と判断するわけです。

 

とはいえ、これはあくまでも目安。融資可能となっても、いくらまで貸してくれるかまでは判断することはできません。また、コンピューターで融資可能となったとしても、実際に手続きをおこなう上で断られる事もあるのです。つまり、自動審査とは、あくまでも「実際に申し込んだら融資してもらえるかどうかのシュミレーション」といったものなのです。