キャッシング お金 やりくり

審査時はこの項目に注意!

キャッシング会社によって違いはあるものの、指定した個人情報のなかで何を重要視するかはバラバラです。一概には言えないのですが、基本的には似たようなものとなっています。ではキャッシングの審査では、一体どういった項目が重要視されるのでしょうか?

 

他社への借り入れ
申し込んだ時点で、他社からも借入があるのか?その金額はいくらなのか?…それは審査をするうえでも当然重視する項目です。収入と支出のバランスが整っていないとダメですから、他での借入をしている場合は不利になります。しかも、その返済が遅れている…なんてことにでもなれば、審査をパスするのはかなり厳しいといえます。こういった借入に関する情報は全て共有されていますから、嘘はすぐにばれますので正直に申告するようにします。また、たとえ審査に通ったとしても、他にも借入がある関係上、その限度額は少なくなります。

 

年齢
特に年齢を気にするのが、消費者金融。顧客ターゲットとしては、20〜30代といった若い年齢層だけを相手にしているところもあるぐらいです。年齢が上がるほど信用されやると思いきや、こういった業界では若いほど有利。ある程度の年齢にいってもお金に困っているのは、業者からみれば信用できない人になってしまうのです。

 

結婚
一般的には既婚者の方が信用も高いのですが、キャッシングに関しては逆。未婚者の方が有利。それというのも、既婚者と未婚者を比べてみると、お金を自由に使えるのは圧倒的に後者だからです。ただし、年齢が上の未婚者は、甲斐性がないとして信用が低くなる事もあります。

 

職業
仕事にみる基準とは、高収入よりも、いかに安定した職業であるかが重要視されています。特に公務員や自衛官などは高評価で、会社員は普通、パチンコ店や水商売、日雇いのアルバイト、自営業などは低い評価となってしまうようです。また、勤務年数が低いのはマイナス評価となります。最低での1年以上の勤務実績は作りたいもので、それ以下では難しいでしょう。

 

電話
連絡ツールとして欠かせない携帯。これを所持していないということは、大きなマイナスポイント。携帯をもっているだけでなく、固定電話を持っているとさらに評価も高いものとなります。いつでも連絡が取れるかどうかが重要なのです。

 


賃貸よりも持ち家のほうが有利ですが、どれだけ住んでいるかも重要なポイント。引越しを繰り返している人よりも、同じ場所に住み続ける人のほうが好印象となるようです。


キャッシングの意外な一面

キャッシングを申し込むのなら、上記の項目はしっかりとクリアーしておきたいもの。とはいえ、普段からの行いがものを言う…といったこともあります。引越しの数においてはまさにそれで、こればっかりはどうすることも出来ません。せめて、その後はやたらめったに引越ししないようにするしかありません。

 

また、一般的には信用どが高くなるはずなのに、キャッシングでは不利になる事もあります。それが結婚。結婚しているということは、それなりに甲斐性があるということ。男性であれば一家を背負っていることになるのですから、その信用は高いものとなるでしょう。

 

とはいえ、あくまでも重要視する項目であり、普通に真面目に働いていればそう簡単に引っかかる事はありません。どこかでマイナス分をプラス分で補っているのですから、そこまで深刻に考えなくても大丈夫なのです。