キャッシング お金 やりくり

静かに忍び寄るキャッシングの落とし穴

キャッシングは便利ではあるものの、使い方を間違えると、生活を壊すほどの大変なことになりかねません。最近、苦しい生活の為に、あるいは贅沢をしたくてキャッシングとローンを利用し…その挙句個人破産に陥ってしまう人が増加傾向にあります。ついつい油断してしまい…それが結果的に借金地獄に陥る事になるのですから怖いもの。自分の収入では返済が厳しくなってしまうという悪循環にならないように、あまり甘えすぎないようにしたいものです。

 

キャッシングが下手をすると借金地獄に変えてしまうのは、ひとえにその金利が高いからです。18%といった高い数値であり、借りた金額にその分が上乗せされるのですから、借りるお金が増えれば増えるだけ大変な状況にとなっていくのは明らかです。なにせ、実際に使った金額よりも多い金額が出て行くのですから…。挙句の果てには、返済に困って複数から借り入れてしまう…なんていう多重債務に陥る危険性もあるのですから、その使い方はきちんとコントロールしなければいけません。

 

クレジットカードによる返済も曲者で、気が付いたら返せないほどの大金になってしまい、その支払いが苦しくなってしまった…なんていう体験談や相談は、インターネットなどでも多く紹介、相談されています。

 

「洋服やコスメを購入する為にクレジットカードでリボ払いやキャッシングを使っていたのですが、次第に返済が苦しくなってきました」

 

「毎月の返済額が10万近くと、到底返すのが難しい状態に…。仕方ないので返済目的で別のカードを作ることになりました」

 

クレジットカードなどは、使っているお金の感覚が鈍ってしまいがちなので、こうした「気が付いたら…」といった結果になってしまいやすいのです。


ルールを設けて使う

便利なキャッシングも、使い方を間違えると怖いものとなります。そうしないためにも、キャッシングなどを使うときは一定のルールを設けるようにします。そのルールにのっとったものであれば利用してもいい…といった感じに、あまり簡単に手を出さないように厳しくするのがいいでしょう。

 

まず、なるべく早いうちに返済するようにします。ダラダラと長くなってしまう場合、よほどのことが無い限りはやめておきましょう。もし長くなってもキャッシングしないとやばい…なんて時は、なるべく金利の安いところを選ぶようにします。そして、早めに返すようにするのはいうまでもありません。

 

クレジットカードの利用においては、よほどの大金…たとえば10万近い金額のものでないかぎりは、原則として1回払いで終わらせるようにします。リボ払いの場合では、とにかくできるだけ繰り上げ返済をおこなうようにし、毎月の返済額も増やすようにします。貯金があろうがなかろうが、とにかくお金を集めてさっさと返済してしまうのがポイントとなるのです。

 

そもそも、キャッシングだろうがなんだろうが、お金を借りるにおいては余剰資金内に収まるようにしなくてはいけません。返済金額の倍は軽く払えるようだと尚よいのです。くれずれも羽目を外しすぎず、自分の経済状態をしっかりと理解し、その範囲内で活用するようにします。