キャッシング お金 やりくり

キャッシングで失敗する人

キャッシングで失敗しやすい人というのは、安易に考えすぎてしまっている人でもあります。調子にのって使っていたら、気が付いたら大変なことになっていた…なんて、後で後悔することが少なくありません。では、キャッシングで失敗しやすい人というのは、一体どんな人なのでしょう?その理由の多くは以下のようになっています。

 

○気軽に利用できるので、つい必要以上のお金を借りてしまう
○返済できる見通しがないのにも関らず借りてしまう
○ギャンブルやお酒、友人などの付き合いが毎月の収入を越えてしまっている
○お金の価値観が軽く、危機感も薄い
○返済できないときは他から借りて返済すればいい…といった短絡的な考えを持っている

 

キャッシングは非常に簡単にお金を借りることができるので、ちょっと借りたつもりが大変な金額になっていたりします。ですから、きちんと管理が出来ていないと次第に借入額が増えていき…気が付いたら自力で払えなくなってしまうのです。無計画な利用で借り入れが雪だるま式に増加し、多重債務者になってしまう人もいるのですから、軽い気持ちで利用するのは大変に危険。

 

ですから、キャッシングで失敗しないようにするためには、上記の失敗原因を根本的に改善する必要があります。考えを改めなくてはいけない部分も多数ありますから、これをクリアーできないとキャッシングで痛い目に…最悪、人生を狂わせてしまうかもしれません。
そして、返済できる見込みがある時にだけ利用し、お金が入ったらすぐに返済に充てるようにしましょう。できるだけ計画は密に練り、その通りになるように動きます。決して、夢物語で終わらないようにします。


キャッシングで失敗しない人

キャッシングで失敗してしまう人もいれば、上手に活用する人もいます。同じキャッシングの利用で、どうしてこうも結果が異なるのか…キャッシングに失敗しない人とは、一体どんな借り方をしているのでしょうか?

 

○いかにも怪しそうな金融業者からは借りない
○なるべく大手で知名度も高い金融業者を利用する
○金利が大体どれくらいなのか、いくらぐらいの利息になるのかしっかりと意識し常にチェックする
多重債務は絶対にしない
○返せる見込みがない場合は利用しない
ギャンブルや遊び、交際費などの理由でキャッシングを利用しない
○借りたら必ず1ヶ月以内に返済する

 

先ほどのキャッシングに失敗しやすい人の特徴と比べてもみても、まったく違うことがわかります。一定のルールを決めて、それを守りながら活用しているのですね。なるべく安易に利用しないのが、最大のポイントともいえます。キャッシングは最後の手段として使うようにし、その利用は慎重におこないます。最後の手段といっても、早い時期での完済…理想としては1ヶ月以内といえるでしょう。そして、キャッシングにかかる金利は高い事を常に意識するようにしましょう。

 

キャッシングは、そのメリット・デメリットをしっかりと理解して使えば、別に何も怖くない便利なサービスです。くれぐれも軽い気持ちで使うのだけはやめましょう。利用するときは返済できる計画をしっかりと立ててから…です。